スズキ(ハネ)釣りのハネとは

ハネという言葉で反応する人は、関西在住の釣り人の可能性が高いです。
ハネというのはスズキの若魚の呼び名なんですね。


スズキも出世魚とされ、ブリなどと同じく名前が変わっていきます。


関東では コッパ(~15cm)→セイゴ(~30cm)→フッコ(~60cm)→スズキ(60cm以上)
関西では セイゴ(~30cm)→ハネ(~60cm)→スズキ(60cm以上)というように、大きさによって呼び名をかえます。


ルアーでスズキを狙う人は、サイズに関係なくシーバスと呼んでいますから面白いですね。


ハネ(フッコ)とスズキの境目は場所や人によって様々で、釣り人は自分が釣ったものを大きく言いたいですから50cmくらいでスズキという人もいます(^^;


スズキは小さい間は群れで行動しますが、大きくなると単体で行動するといわれますが、エサとする小魚、甲殻類、虫を求めて回遊しています。


比較的汽水域にも強く、河口付近でもよく見かけます。


スズキは食材としても、フランス料理、イタリア料理など高級食材とされる魚で、日本料理にも洗い、刺身、塩焼きなどにされ、美味しい魚です。


釣り人にとっては、寒い時期に漁港や浜で作るスズキを入れた味噌汁は寒さを和らげてくれる何よりものご馳走です。

スズキ釣り方

釣りの対象としては、ルアーを使ってのルアーフィッシングが主流と思われるかもしれませんが、関西では河口付近や、貯木場、人工島の護岸、沖防波堤などで浮き釣りや脈釣りが盛んです。


特に、シラサエビ(湖産エビ・藻エビ)を撒き餌と刺し餌に使って釣る方法は、エビ撒き釣りといって人気の釣りですね。特にスズキでもハネと呼ばれる2,3年魚を対象とすることが多いので、ハネのエビ撒き釣りと呼び、関西の防波堤釣りの定番となっています。


同じ浮き釣りや脈釣りでも夜間にスズキを狙う場合や、春のバチ抜けというシーズンには虫えさ(青イソメ)を用いることがあります。


また、スズキがフィッシュイーターであることから、ルアーフィッシングの好対象魚とされ、サイズを問わずシーバスと呼んで、ルアーフィッシングの一つのジャンルとなっています。


ボートでスズキのいそうなところまで行って、ルアーフィッシングをするルアー船も増えています。


また、スズキの一種で磯スズキといわれる種は、太平洋側の磯場で波が打ちつけるような場所で大型が狙えることから人気のターゲットともなっています。


また、イワシや小鯵がわくころは、遊漁船で食わせサビキでの落とし込み釣り(サビキでイワシや小鯵を釣り、そのまま飲ませ釣りをする)で、狙います。


常に出来る釣りではないですが、出来ればシーズンに一度は出かけたい釣りですね。

ハネのエビ撒き釣り

シラサエビ(藻エビ)を刺しエサ、撒き餌に使ってハネを狙うエビ撒き釣りは、関西で誕生し盛んなスズキをターゲットした釣り方です。

この釣り方が関西で盛んなのは、エサのシラサエビ(藻エビ)が別名湖産エビといわれ、琵琶湖を中心に収穫されるエビだったからのようです。

生かしたエビをブクブクと呼ばれるエアー装置のついたエサ箱に入れ、釣り場まで運び、付けエサ、撒き餌として使います。

タックルは、5m前後の磯竿(又はチヌ竿)に、小型~中型のスピニングリールをつけ、棒浮きをつけた浮き釣り仕掛けです。

特に寒バネ釣りといって、2月~3月のハネ釣りは、早朝の一時を寒さに耐えながら小さなあたりを見逃さないようにする釣りは苦行のようにも思えるのでが、何故か人気がありますね。


この釣りの面白さは、エサを求めて回遊するスズキを撒き餌で足止めし、撒き餌に同調させいかに付けエサを目立たせて食わせるかの勝負。そのときの浮きの変化の見極めが釣果を左右します。


特に寒いシーズンは、漫然と撒き餌をし、漫然と仕掛けを流していると、スズキも活性が低く、一気に浮きを消しこむようなあたりを出すことはありません。浮きを抑えるような小さな変化を見落として、ボウズということは珍しくないですね。


もし、これからハネ釣りを始めようという方は、春の水温が緩んでくる時期までまって入門されることをオススメします。この時期からは、スズキも活性が上がり始め、浮きに大きな変化を出してくれるようになりますから。


根魚のように一つの場所から動かない魚と違い、チヌやスズキは回遊するルートを持っています。障害物にはエサがついていることが多いですから、淵を回遊するんですね。


こうした魚の習性を理解し、自分が釣り座を構える場所を選定することも大切なこととなります。通いなれた釣り場であればなんとなく判るかもしれませんが、どういう場所が狙い目なのかは初めての人にはむつかしいですね。


道具や仕掛けは、釣り道具やに行けば最近はセットにして売っていることが多いですし、店員さんに聞いても丁寧に教えてくれます。


しかし、具体的な釣り方までは教えてくれませんね。


えさのつけ方、仕掛けの投入位置、撒き餌の方法、誘い方、当たりの見分け方、取り込み方などは、ベテランの人と一緒に出かけることが出来れば教授してもらえますが、自分で試行錯誤を繰り返すのは大変です。それもまた、楽しいのは楽しいのですが、、、、、、

ホームグランドを作り、季節を問わず、時間を問わず出かけて、自分の糧として釣りをしていくというのも楽しいことではありますが、誰にでも出来るというわけにはいかないですものね。


でも、このハネ釣りにはすばらしい教材があるんですね。


大阪の岸和田市にある防波堤をホームウランドにされており、泉州ハネ釣り研究会の会長をされていた今井毅さんが、その研究会での成果をDVDにされています。


関西の伝統釣法を残そう、広めようと長年努力の結果で、釣具メーカーに交渉して、ハネ釣専用竿や、浮きなども作られています。


また、テレビの釣り番組でもおなじみの方で、今井さんに師事し、教えを請うた釣り師もたくさん活躍していますね。

ハネ釣り名人、今中毅のハネ釣り必釣法


ハネ釣りを始めてみようと思われる方、エビ撒き釣りをしてみたけど釣果が上がらなかった方、周りに教えを請う人がいない方は是非見ていただきたいDVDです。

・身近な波止場で80cmクラスの、ハネやスズキと出会う方法

・ハネ・スズキがつきやすいポイント

・通い慣れた波止だからこそ狙うポイント

・効果的なマキエの効かせ方

・シラサエビの効果的なつけ方

・ウキの前アタリの見分け方と合わせるタイミングを覚える

など、初心者から中級者まで参考になることがたくさん入っています。


このハネ釣りの必釣法でハネ釣りの魅力を理解し、ハネ釣りを楽しんでいただけたらと思います。

ルアー釣り

同じハネやスズキを狙う釣りでもルアーを用いる釣りはまったく別の釣りというっても過言ではないでしょう。

そちらに興味のある方は


ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法

を参考にしてください。

© 2015 スズキ(ハネ)の釣り方 rss